【訪日ラボ 第4弾】実際、訪日外国人は「どこ」で多言語対応の不足を感じるのか?インバウンド対策で「絶対に」翻訳が必要な理由

月間PV数80万を誇る日本最大のインバウンドメディア「訪日ラボ」に、アットグローバル代表の小田島が投稿した記事の第4弾が掲載されました。

タイトル:実際、訪日外国人は「どこ」で多言語対応の不足を感じるのか?インバウンド対策で「絶対に」翻訳が必要な理由

URL:https://honichi.com/news/2020/01/15/atglobal/

アットグローバルはこれからも、翻訳会社の立ち位置から、日本のインバウンドを盛り上げる上で役立つ情報を提供してまいります。