昨今、日本では「時差出勤」「リモートワーク(在宅勤務)」「働き方改革」という言葉がよく使われるようになりましたが、アットグローバルでは会社創業の2002年から、原則としてすべてのスタッフが在宅で業務を行い、必要に応じて事務所に出勤してチーム内のコミュニケーションを取るというスタイルの働き方を実践してきました。現在では、全体の9割以上の業務が、在宅の社員やアルバイトスタッフ、そして外注スタッフによって行われています。

☑ リモートワークのメリット

@global

● 事務所への出勤が義務づけられていると、言うまでもなく通勤圏内のスタッフにしか業務を依頼できません。アットグローバルではリモートワークがベースのため、地方や海外在住のスタッフをはじめ、物理的な場所にとらわれることなく、優秀なスタッフと共に仕事ができます。

● アットグローバルのお客様の約半数は、ヨーロッパやアメリカ、アジアなどの海外企業です。夕方から夜の時間帯、または祝日の対応が求められることも珍しくありません。在宅ベースでの対応が可能なため、こうした変則的なご要望にも対応しやすくなっています。

● 大きな事務所を維持する必要がないため、コストを適正水準に維持することが可能です。アットグローバルが提示するリーズナブルな翻訳料金は、このようなコスト削減努力により実現しています。

● 日本は自然災害の多い国です。昨今、台風や大雨などによる被害が増えており、新型ウィルスのパンデミックや首都圏に影響を与える大地震の可能性も取り沙汰されています。リモートワークで事務所機能を分散させることにより、災害発生時にも大きな支障なくサービスを提供し続けることが可能です。

☑ リモートワークのデメリットと解消法

@global

● リモートワークのデメリットのひとつに、チーム内の円滑なコミュニケーションが難しいということがよく挙げられます。ですが、いまはインターネット、そしてクラウドの時代です。社内チャットツールや社内ビデオ会議ツール、アットグローバルが独自開発した共有システムなどを活用することで、チーム内での適正なコミュニケーション、ノウハウの共有と蓄積は十分に可能です。

● 勤怠管理や社員教育なども、クラウド上のシステムを用いて万全な体制で実施しております。また、必要に応じて表参道の弊社事務所にフットワーク軽く集合し、積極的にフェイストゥーフェイスでのミーティングやセミナーを行うことで、チームとしてのスキル向上とコミュニケーションを深めております。

● 電話での応対は、プロフェッショナルなオペレーターが対応いたします。日本語と英語で対応可能です。担当者が不在の場合は、ご伝言をお預かりした上で、折り返しこちらからお電話させていただきます。常に、迅速な対応を心がけております。

● お客様からお預かりするデータや個人情報の厳重な管理、セキュリティにも十分な注意を払っております。データを圧縮する際の暗号化、セキュリティサーバーを活用したデータの送受信、必要に応じてVPNを活用した機密情報へのアクセスといった手法を駆使して対応いたします。昨今話題になっているGDPR(EU一般データ保護規則)に準拠するための社内文書も整備済みです。

最近になってリモートワークに取り組む企業が増えてきましたが、アットグローバルは会社設立以来この就業形態に取り組むことで、数多くの経験を積んで参りました。ぜひ、安心してお仕事をお任せください。

お見積もりはこちらから

03-5778-7617

estimate@atglobal.co.jp