海外リサーチサービス

アットグローバルの海外リサーチサービス

技術翻訳のアットグローバル > 海外リサーチサービス

お客様が自社のサービスや製品を海外に展開する場合、必ず必要となるのが「海外リサーチ」です。特に、①海外現地の法規制調査(リーガル調査)、②海外現地の市場調査(マーケティング調査)は必須でしょう。アットグローバルは、海外リサーチの豊富な経験と実績を有しております。特に、アジアや中東、ヨーロッパや南北アメリカ現地の豊富な人的ネットワークを駆使し、現地スタッフを活用したリサーチを得意としております。

アットグローバルの強み

@global

アットグローバルは翻訳会社としてスタートしました。世界の40以上の言語の翻訳に対応し、1,700人ほどの世界中の翻訳者と契約を結んでいます。早い段階から、これら有能な翻訳者を調査員としてトレーニングし、海外リサーチと翻訳の両方のタスクを任せられるスタッフとして養成してまいりました。

これまで数百件の海外リサーチサービスを提供し、お客様の海外ビジネスの成功を支えて参りました。まるでチームの一員となったようなホスピタリティで、真摯に対応させていただきます。

海外リサーチサービスを提供する国

@global

アジア:日本、中国、韓国、台湾、香港、モンゴル、ミャンマー、ネパール、ベトナム、マレーシア、シンガポール、タイ、フィリピン、カンボジア、インド、バングラデシュ、オーストラリア

南北アメリカ:アメリカ、カナダ、メキシコ、エクアドル、ブラジル、アルゼンチン、ペルー、チリ、パラグアイ

中東:UAE、サウジアラビア、トルコ

ヨーロッパ:ロシア、ドイツ、フランス、スイス、イギリス、イタリア、スペイン、ポルトガル、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド
東ヨーロッパ諸国の一部も対応可能です。お問い合わせください)

対応する海外リサーチの種類

@global

法規制調査(リーガル調査)

企業が自社のサービスや製品を海外で実際に販売するためには、その前に、現地の法律を調査し、それに準拠した形で展開していく必要があります。日本と海外では法体系がかなり違います。例えば、日本では「医療機器」とみなされない製品が、海外では「医療機器」と認定されるため、日本では準拠を求められない医療関連の法律への準拠が、海外では求められることがあり得ます。また、日本から販売を行う場合、その国独特の販売・流通に関するライセンスが求められるケースも多く、それを知らずに販売すると法的ダメージを受けてしまう可能性が出てきます。

「法規制調査(リーガル調査)」とは、お客様の製品やサービスを海外で展開する上で準拠が求められる法律を徹底的に調査し、ご報告するサービスです。

市場調査(マーケティング調査)

海外で販売するための法的要件をクリアしたら、次に必要になるのは「市場調査(マーケティング調査)」です。もっとも、製品やサービスによっては、リーガル調査に先立ってマーケティング調査を行うことが必須の場合も多いでしょう。

例えば、販売を考えている製品の実際のマーケット規模がどの程度か、競合他社にはどのような会社があり、それぞれどのような製品をどのような手法で、いくらくらいで販売しているのかが分からないと、有効な販売戦略を立てることができません。さらに、現地のユーザーが当該製品に持っているブランドイメージや、現地ユーザーの実際のニーズなどを調査する必要もあります。

「市場調査(マーケティング調査)」とは、お客様の製品やサービスの販売戦略を立てる上で欠かすことができない、競合他社や市場の状況を徹底的に調査し、ご報告するサービスです。

海外リサーチの手法

@global

インターネットを使ったデスクリサーチ

電話でのヒアリングリサーチ

訪問リサーチ(オプション)

大規模なアンケート調査(オプション)

海外リサーチで押さえるべきポイント

@global

適切な調査手法の見極めと選択

海外調査を実施する場合、インターネットを使ったデスクリサーチは欠かせません。とはいえ、この方法で得られる情報の密度や鮮度は、その国のインターネット利用率や情報公開度などに左右されます。電話リサーチやオフライン調査の方が効果的な国も多いものです。アットグローバルの基本パッケージには、「インターネットリサーチ」と「電話リサーチ」の両方を含まれます。調査対象国の状況に合わせて、最適なリサーチ方法をご提案いたします。

適切な調査対象者の見極めと選択

日本国内の調査でも、調査対象者が住んでいる地域や経済水準によって調査結果が異なることがありますが、海外ではその傾向がさらに顕著です。特にマーケティング調査の場合は、職業、教育レベル、人種などのSES(Social Economic Status:社会経済地位)やSEC(Social Economic Class:社会経済階層)という多面的な指標を活用し、適切な調査対象者の見極めと選択が必要になります。

海外現地に合わせた調査票のローカライズ

日本人を対象にして作成した調査票を調査対象国の言語に翻訳しても、そのまま活用できないケースがままあります。例えば、ダイバーシティーの考え方が世界中に浸透しているため、「性別」ひとつとっても第3の選択肢を設けなければならないかもしれません(米国版のFacebookなどは、50以上の選択肢から性別を選ぶことができます)。対象国の現状を正確に理解し、調査票を的確にローカライズ(現地化)できるだけの知見が求められます。

外国語での高いコミュニケーション能力や調査力が重要

例えば、アンケート用紙を対象国の言語に翻訳する場合、各質問事項を、そのニュアンスも含めて正確に翻訳できるだけの翻訳スキルが求められます。また、リーガル調査の場合、外国語で書かれた情報を漏れなく見つけ出し、正確な日本語に翻訳した上で報告書を作成する必要があります。読解力の不足や翻訳の誤りがあると、調査全体が無効になる可能性もあるからです。

適切なスケジュール設定

リーガル調査などで官公庁にヒアリング調査しなければならない場合、繰り返し連絡してようやく担当者にたどり着けるケースも少なくありません。また、アジアには日本と違って旧正月を採用している国も多く、年末年始以外に一週間以上の休みを取るケースが珍しくありません。こうした点を念頭に置き、同内容の国内での調査に比べて工期を長めに見積もる必要があります。

標準的なワークフロー

@global

お見積もり提出、ご発注(NDA締結、発注書発行)後の標準的なワークフローは以下の通りです。

① 調査前のヒアリング

お客様が望まれる調査の最終ゴールを十分に理解するために、調査の目的やご要望を十分にヒアリングさせていただきます。お客様のサービスや製品についての詳細なヒアリングも含みます。

② 調査計画の設計、調査員への作業指示書、お客様への報告書フォーマットの作成

ヒアリング結果を元に具体的なリサーチ計画、調査員への作業指示書、お客様への報告書フォーマットを作り込みます。この時点で、アットグローバル社内で本案件を管理するプロジェクト・マネージャーを選任し、お客様にご紹介いたします。

③ お客様による確認と調査の正式開始

上記の②で作成した「計画、作業指示書、報告書」をお客様によく確認していただき、ご納得の上で、正式な調査開始のご指示をいただいてから、調査を開始します。

④ 調査への着手

各国在住の専門の調査員が調査を開始します。契約内容に応じて、インターネット調査電話調査訪問調査、その他のオプション調査を実施します。

⑤ 社内調査部でのダブルチェック実施

調査内容の正確さ、正当性をダブルチェックいたします。調査報告書のフォーマットによっては、この時点でDTP(レイアウト調整)が必要になりますが、この段階で実施します。

⑥ 納品

ご依頼いただいた調査に関する報告書を納品させていただきます。必要に応じて、最終納品前に中間納品をさせていただくことも可能です。

⑦ 納品後のアフターフォロー

サービス料金の目安

@global

海外リサーチサービスのサービス料金は、①対象国、②対象国の調査難易度、③要リサーチ項目の内容とボリューム、などによって変わります。この3つを念頭に、プロジェクト管理者、調査員、チェッカーが本件にトータルでかけるであろう時間的コストを算出し、それに当社規定の時給をかけてトータルコストを割り出しております。

「対象国」と「調査難易度」については、これまでの経験を通じて作成した、以下のようなマトリクスを用いて判断いたします(難易度については、現地の政情や疫病発生などの影響を考慮して、時折見直すことがございます)。

国名情報公開度役所・団体の対応
中国★★
香港★★★★★
台湾★★★★★★
韓国★★★★★★★
タイ★★★★★
ベトナム★★★★
シンガポール★★★★
ミャンマー★★★★
マレーシア★★★★
フィリピン★★★★
インドネシア★★
ネパール★★★★
スリランカ★★★★
パキスタン★★★★
インド★★★★★
北米★★★★★★★★
中南米★★★★
西ヨーロッパ★★★★★★★★
東ヨーロッパ★★★★★★

★★★★★ 非常に良い ⇔ ★ 非常に悪い

上記のマトリクスを参考に、リサーチに関連したニーズを徹底的にヒアリングさせていただき、その上で工数を時間で見積もり、見積金額をご提示いたします。オーダーメイドのサービスのため、料金には幅がございますが、料金の目安については以下をご覧ください。

料金の目安

特別な法的要件が求められない一般的な製品(1品目)の海外展開に伴う、リーガル調査および市場調査の金額感を示します。

難易度最低料金リーガル調査マーケット調査
難易度の高い国¥70,000~¥350,000~¥200,000~
標準的な難易度の国¥50,000~¥300,000~¥150,000~
難易度の低い国¥30,000~¥250,000~¥100,000~

※品目が複数に及ぶ場合は、1品目あたり、数万円~10数万円のプラスとなります。詳しくは、お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

03-5778-7617

estimate@atglobal.co.jp

実績

@global

リーガル調査

  • ベトナムの著作権法改正動向
  • 海外のプローブ情報・テレマティックス関連法規制
  • レマティックスサービスの海外展開に関する法規制
  • 治療用カイロの販売に関する法規制
  • テレマティックスサービスに関する法規制
  • 海外におけるカーナビの輸入販売に関する法規制
  • のどスプレー販売各国規制
  • カーナビ用地図データに関する法規制
  • のどスプレー販売各国規制(中国追加分)
  • 自転車の海外展開に関する法規制 韓国案件
  • 海外における「電波・電気通信」関連の認証情報
  • 諸外国における事前教示制度
  • 電気用品の安全基準認証制度
  • インターネット通販における留意点
  • 医療用ベッド、家庭用ベッドの海外展開に関する法規制
  • 歯周病診断アプリの海外展開に伴う法規制調査

マーケティング調査

  • 海外のコンタクトレンズ市場に関する競合調査
  • ベトナムのショッピングセンター協会に対する簡易ヒアリング
  • マンガ、アニメに関するアジア市場の現況調査
  • 世界の有名博物館、美術館(25施設)のインバウンド対策
  • フィリピンの観光マーケットの調査

その他の調査

  • 留学生政策と学生ニーズ
  • シンガポール・インドネシアにおける日本の魅力
  • 農林水産物等の輸入制度(菓子)
  • 農林水産物等の輸入制度(調味料)
  • システム開発に係る基礎情報収集
  • 段ボール製造企業のリストアップ
  • 食品・農林水産物輸入規制