アットグローバルの海外市場調査サービス

技術翻訳のアットグローバル > 海外市場調査サービス

お客様が自社のサービスや製品を海外に展開する場合、必ず必要となるのが「海外市場調査」です。特に、①海外現地の法規制調査(リーガル調査)、②海外現地の市場調査(マーケティング調査)は必須でしょう。アットグローバルは、海外市場調査の豊富な経験と実績を有しております。特に、アジアや中東、ヨーロッパや南北アメリカ現地の豊富な人的ネットワークを駆使し、現地スタッフを活用したリサーチを得意としております。

海外市場踏査サービスを提供する国

アジア:日本、中国、韓国、台湾、香港、、モンゴル、ミャンマー、ネパール、ベトナム、マレーシア、シンガポール、タイ、フィリピン、カンボジア、インド、バングラディッシュ、オーストラリア
アメリカ大陸:アメリカ、カナダ、メキシコ、エクアドル、ブラジル、アルゼンチン、ペルー、チリ、パラグアイ
中東:UAE、サウジアラビア、トルコ
ヨーロッパ:ロシア、ドイツ、フランス、スイス、イギリス、イタリア、スペイン、ポルトガル、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド
(東ヨーロッパ諸国の一部も対応可能です。お問い合わせください)

対応する海外市場調査の種類

● 海外現地の法規制調査(リーガル調査)
● 海外現地の市場調査(マーケティング調査)

海外市場調査の手法

● インターネットを使ったデスクリサーチ
● 電話でのヒアリングリサーチ
● 訪問リサーチ(オプション)
● 大規模なアンケート調査(オプション)

標準的なワークフロー

お見積もり提出、ご発注(NDA締結、発注書発行)後の標準的なワークフローは以下の通りです。

  • ①調査前のヒアリング
     お客様が望まれる調査の最終ゴールを十分に理解するために、調査の目的やご要望を十分にヒアリングさせていただきます。お客様のサービスや製品についての詳細なヒアリングも含みます。
  • ② 調査計画の設計、調査員への作業指示書、お客様への報告書フォーマットの作成
     ヒアリング結果を元に具体的なリサーチ計画、調査員への作業指示書、お客様への報告書フォーマットを作り込みます。この時点で、アットグローバル社内で本案件を管理するプロジェクト・マネージャーを選任し、お客様にご紹介いたします。
  • ③ お客様による確認と調査の正式開始
     上記の②で作成した「計画、作業指示書、報告書」をお客様によく確認していただき、ご納得の上で、正式な調査開始のご指示をいただいてから、調査を開始します。
  • ④ 調査への着手
     各国在住の専門の調査員が調査を開始します。契約内容に応じて、インターネット調査、電話調査、訪問調査を実施します。
  • ⑤ 社内調査部でのダブルチェック実施
     調査内容の正確さ、正当性をダブルチェックいたします。調査報告書のフォーマットによっては、この時点でDTP(レイアウト調整)が必要になりますが、この段階で実施します。
  • ⑥ 納品
     ご依頼いただいた調査に関する報告書を納品させていただきます。必要に応じて、最終納品前に「中間納品」をさせていただくことも可能です。
  • ⑦ 納品後のフォロー

お問い合わせはこちらから

03-5778-7617

estimate@atglobal.co.jp

実績

@global
  • ベトナムのショッピングセンター協会に対するヒアリング調査
  • 海外でのカーナビの輸入販売に関する法規制調査
  • テレマティックスサービスに関する法規制調査(カナダ、インド、タイ、ロシア、オーストラリア、中国)
  • 治療用カイロの販売に関する法規制調査(フィリピン)
  • 留学生政策と学生ニーズに関する調査(インドネシア)
  • コンタクトレンズに関する市場調査(ベトナム)
  • インターネット通販における留意点に関する調査(EU、米国、シンガポール、台湾)
  • 電気製品の安全基準認証制度に関する調査(タイ)
  • 諸外国における事前教示制度に関する調査(タイ、インド、ラオス)
  • 海外における「電波・電気通信」関連の認証情報調査(ブルネイ、インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、ロシア、EU)
  • 段ボール製造企業に関する調査(フィリピン)
  • 世界の美術館、博物館に関するアンケート・現地訪問調査、報告書の作成(アジアやヨーロッパにある25の美術館・博物館)