翻訳者が選ぶ!ロシア語翻訳に強い会社は?選び方や注意点、相場を徹底解説

ロシア,ロシア語

ロシア語は、ヨーロッパで最も多くの人たちが話している言語です。

ここでは、ロシア語翻訳を依頼する際の注意点など、役立つポイントをお伝えします。

ロシア語翻訳を依頼する際の会社の選び方と注意点

1.ロシア語専門の翻訳会社と多言語対応の翻訳会社、どちらを選べば良いのか?

ロシア語の翻訳会社には、ロシア語を専門とする翻訳会社と、ロシア語を含む多言語対応の翻訳会社があります。ロシア語専門の翻訳会社は、当然ですが、ロシア語に堪能で、専門分野にも対応できる翻訳者が登録されています。しかし実際のところ、ロシア語に堪能で専門分野にも強い翻訳者はそう多くいません。多言語翻訳を行なっている翻訳会社は、登録翻訳者数は多いのですが、ロシア語に堪能な翻訳者がどの程度いるのかは分かりません。

では、ロシア語翻訳を依頼する際、どちらの翻訳会社を選んだら良いのでしょうか?

重要なことは、翻訳する「専門分野」に精通している翻訳者がいる翻訳会社を選ぶことです。例えば、「医療」に関する翻訳なら、医療の専門用語に強い翻訳者がいるか、「法律」に関する翻訳なら、法律の専門用語に精通している翻訳者がいるかを確認しましょう。また、その翻訳会社の「実績」を見て、最適な翻訳会社を選ぶようにして下さい。

2.「安くて早い」を売りにしている翻訳会社が良いとは限らない

翻訳依頼をする側としては、できるだけコストを抑え、早く納品してもらいたいと思うでしょう。“低価格”で“スピード納品”をPRしている翻訳会社は多いのですが、まず、しっかりとしたシステム(体制)を持つ翻訳会社かどうかを見定めてください。翻訳の品質と費用は比例しているので、“安くて早い翻訳会社”が良いわけではありません。

翻訳会社では、いくつかの料金プランが設定されています。低価格のプランは、「機械翻訳」のみであったり、「校正」がなかったり、「ネイティブチェック」がないいうことがあります。

ロシア語は、ネイティブでも文法を間違えるほどの難関言語です。現状、機械翻訳では正確なロシア語翻訳は期待できません。機械翻訳を使用した場合、その後の「修正」に多くの時間と費用がかかり、コスト削減にはなりません。多少コストがかかっても、「ネイティブチェック」が含まれているプラン、「ロシア語ネイティブ」が担当するプランの利用をお勧めします。

翻訳の「見積もり」で、提示された価格と条件をよく確認するようにして下さい。「翻訳料金は仕上がり文字ベース」と書かれている場合、ロシア語は多くの文字数を使う言語ですので、予想以上に高額になってしまうことがあります。また、ある条件に対して「別途料金」と記載されている場合、それが何なのかを確認して下さい。価格設定が明瞭な翻訳会社を選択することが重要です。

3.フォロー体制の整った翻訳会社を選ぶことが大切

翻訳物が納品された後で、翻訳品質の悪さや修正箇所が見つかった場合、「フォロー体制」がとられていない翻訳会社では大変なことになります。トラブル回避のために、依頼する翻訳会社のフォロー体制について確認をしておきましょう。翻訳会社によっては「納得のいくまで修正する」、「2回まで修正受け付け可」というところもあります。内容の詳細を書面に残してもらうこともお勧めします。

4. ロシア語に詳しい「PM(プロジェクトマネージャー)」に依頼することが大切

翻訳会社には、「プロジェクトマネージャー(PM)」という、翻訳会社とクライアントの間を「仲介」する、作業案件の管理者がいます。PMは、クライアントの要望を理解し、作業工程の管理、適任な翻訳者の依頼などを行います。翻訳会社に依頼する際は、品質の程度・納期・価格などに関する要望をすべてPMに伝えて下さい。責任感を持ち、誠実に対応してくれるPMに担当をお願いしましょう。

ロシア語は難解な言語ですので、ロシア語に精通したPMが最適です。ロシア語は文法が非常に複雑です。(例:主語の人称や性によって、動詞や形容詞が変化する)PMがロシア語の複雑な文法や表現に詳しいかどうかで、翻訳品質にも大きな影響を与えます。ロシア語に堪能なPMに担当してもらいましょう。

5. ロシア語はその地方によって微妙に異なる

ロシア語は、ロシア・その他17カ国の公用語です。非常に広大な地域で、大勢の人々(約2億7500万人)が話している言語ですが、ロシアで話されているものと、他の国で話されているものは多少違っています。

ロシアの南部と北部でも、いくつかの「アルファベットの発音」は微妙に異なっています。ロシア人同士が会話をすると、北部出身か南部出身かがすぐに分かるようです。(日本もイントネーションの違いで「関東」か「関西」出身かが分かるのと同様)ロシア語の「文章」は、北部も南部も大差はありません。これも日本と同じですね。

ロシア国内でのロシア語と、他の国でのロシア語は、「表現の仕方」が微妙に異なっています。他の言語と同じく、ロシア語も新しい言葉・表現が次々に生まれています。その発信地はロシア国内、特にビジネスの中心地モスクワやその他の大都市です。大都市から離れた都市や別の国では、新しい言葉や表現がまだ使われておらず、表現の仕方が異なります。インターネットが普及しているので一概には言えませんが、ロシア語翻訳者の出身地(ロシアか、別の国か、大都市か地方出身か)によって表現に多少の違いが生じます。

翻訳からマーケティングまでワンストップでまるごとお任せ

ロシア語翻訳の相場

日本語 → ロシア語
(日本語1文字)10円~15円 
(日本語400文字)4000円~4500円 *分野によって異なる

ロシア語 → 日本語
(ロシア語1ワード)18円~25円 
(ロシア語140ワード~180ワード)3000円~6000円  *分野によって異なる

*用紙1ページの単価を表示している場合と、1文字の単価を表示している場合があります。(用紙1ページは日本語では400文字程度、ロシア語では180ワード程度)
*特殊な文書や専門的な文書、至急の場合は料金は高くなります。
*多くの翻訳会社が最低注文料金(ミニマムチャージ)を設定しています。料金の相場は、3000円~10000円です。

翻訳者が選ぶ!ロシア語翻訳に強い会社

株式会社アットグローバル

翻訳実績10万件以上、在籍翻訳者1700名以上、翻訳対応言語40か国以上、20年の翻訳歴を持つ翻訳会社です。常にお客さまの要望を重視し、翻訳品質第一、チェック体制(ダブルチェック体制)が徹底されています。ロシア語翻訳も行っています。高品質な翻訳が期待できる翻訳会社です。

まとめ

翻訳会社選ぶとき、「安くて早い」ところが良いわけではありません。難解なロシア語翻訳に関しては、ロシア語に堪能な翻訳者と管理者が担当することが大切です。「専門分野」に関する知識も持っていることがベストです。上記のポイントを参考に、最適な翻訳会社を選んでください。

株式会社アットグローバルは、ロシア語翻訳を含む、多言語翻訳を行っています。お気軽にご相談ください。

翻訳市場調査などの「外国語サポート」が必要な方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!