ベトセトラ~ベトナムで注目のネットメディア

ベトナム

はじめに

アジアでもとくに急成長を遂げているベトナム。そんなベトナムの活気あふれる若者たち向けのデジタルメディアWebサイトが今とても人気で、非常に盛り上がっています。今回は、その注目されているデジタルメディア、「Vietcetera(ベトセトラ)」についてご紹介しましょう。

https://vietcetera.com/

ベトセトラとは?

「Vietcetera(ベトセトラ)」とは、「世界をベトナムに、ベトナムを世界に」という使命のもとに、2016年に設立されたスタートアップ・Webサイトです。他ターゲットとしては、ベトナムのミレニアム世代(1980年~1995年生まれ)やZ世代(1996年~生まれ)の若者向けのデジタルメディアプラットフォームです。多くの記事は、ベトナム国内向けのベトナム語と、国際版の英語で用意されています。

私は日本に住んでいるので、「Vietcetera(ベトセトラ)」のことは知りませんでしたが、2020年末現在では、MAU(月間アクティブユーザー)100万人を超え、FacebookやYouTubeなどほかのソーシャルプラットフォームのユーザー数も含めると2000万人にも及び、ベトナムでは注目されていることがうかがえます。

ベトセトラの歴史

「Vietcetera(ベトセトラ)」を創業したのは、ともに海外経験のある2人の若者です。

CEOのHao Tran (Hảo Trần)氏はアメリカ西海岸生まれ。サンフランシスコに拠点のあったホテル予約アプリのHotelTonight(今はAirBnBが買収)に勤務後、世界で最もアクティブに投資を行っているアクセラレーターの一つである500Startupsのベトナム法人を経て「Vietcetera(ベトセトラ)」を創業しました。

もう一人の創業者で現在はChairmanのGuy Truong(Guy Trương)氏はベトナムで生まれ、ベルギーで育ちました。人材・コンサル会社のベトナム法人立ち上げを手掛けてから、この「Vietcetera(ベトセトラ)」を創業しています。

現在、「Vietcetera(ベトセトラ)」のチームは、メンバー総勢45名、平均年齢26歳、ベトナム人90%と残りの10%はアメリカ人、ベルギー人とロシア人から構成されています。スタートアップにはとてもふさわしいともいえる、非常に活発的、情熱的、創造的で国際的なメンバーに支えられています。

ベトセトラではどんなコンテンツを取り上げている?

「Vietcetera(ベトセトラ)」は、現代に生きるベトナム人が、仕事や生活のあらゆる分野で情報交換をするための信頼できるプラットフォーム構築し、人々に新しい視点を与え、コミュニケーションを促進したいとの理念から、常にこれまでにない新しいもの、新しい記事やシリーズ、新しいデジタルプラットフォームを展開してきました。ビジネス、生活、クリエイティブ、ファッションなどの大きなカテゴリーの下にさまざまな興味深いサブカテゴリーが並んでいます。

その中でも特に興味深い記事シリーズ「#TÓM LẠI LÀ」をご紹介しましょう。

https://vietcetera.com/vn/bo-suu-tap/tom-lai-la

「TÓM LẠI LÀ」は、日本語にすると「要するに」という意味です。

このシリーズでは、ベトナム国内の時事ニュースや関心を集めている話題だけでなく、海外のさまざまな分野のネタについて取り上げられており、しかも順序だって分かりやすく簡単にまとめられています。

まず、記事の冒頭で「何が起こったのか」が説明され、次に「なぜ起こったのか」、そのニュースを理解するための「背景知識」やこれまでに実際に起こった「類似したコト」に加えて、「世界へ与える影響」や「ベトナムへ与える影響」などについて、取り上げられるニュースや話題に応じて読者が知りたい情報が載せられています。

ある出来事についての「なぜ?」を順番に解いて行ってくれるような記事の構成になっていて、読んでいて非常に楽しいです。

まとめ

今回は、今ベトナムで注目されているネットメディア「Vietcetera(ベトセトラ)」についてご紹介しました。

残念ながら現在は、ベトナム語版と英語版の記事しかなく、日本語の記事は用意されていません。しかし、ベトナムの若者が今注目している「ホットな話題」が取り上げられているため、ベトナムに関心があり英語が読める方は、ぜひ読んでみてください。

株式会社アットグローバルは、ベトナムに現地法人を持ち、ベトナム語翻訳企業のベトナム進出ベトナム向けデジタルマーケティングのお手伝いをしています。ご質問やご要望がありましたら、お気軽にご連絡ください。

翻訳市場調査などの「外国語サポート」が必要な方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!