台湾市場調査に強い会社3選|料金相場・調査方法・選び方を徹底解説

マーケティング, 市場調査

中国・韓国に続き多く訪日しているのは、台湾人です。台湾人は日本好きで個人旅行のリピーターが非常に多いのが特徴です。コロナウイルスショックが終息すれば、再び大勢の人々が訪日するでしょう。インバウンドを始める上で欠かせないのが、台湾市場調査です。ここでは、台湾市場の特徴、市場調査にかかる費用、市場調査専門のオススメ会社などをご説明します。

台湾インバウンド市場

台湾の訪日旅行者数は 4,890,600 人となりました(2019年度)。これは過去最高記録です。これだけ多くの台湾人旅行者が訪日している理由として考えられるのは、地方発着のLCCを含む航空路線の新規就航や増便、インフルエンサーや有名タレントによるプロモーション、地方の観光魅力を発信するウェブコンテンツの拡充、 JNTO 公式ウェブサイトや SNS(Instagramや Facebook)での情報発信&拡散を行ったことなどです。

参照:JNTO統計資料2019年12月

訪日する台湾人旅行客数が、安定して伸びていることが下記のグラフからも分かります。

ほとんどの台湾人は、観光目的で訪日しています。

台湾人旅行客の日本訪問回数ですが、ほとんどがリピーターです。1回目という人たちのほうが圧倒的に少ないのです。

東南アジア人の傾向とも似ていますが、台湾人も個人・夫婦・友達よりも、家族親族で訪日する傾向があるようです。家族親族のつながりが強いようですね。

台湾人旅行者の観光の目的は、日本食を食べること・ショッピングが上位で、その次に自然景勝地観光・温泉入浴、繁華街の街歩き・旅館宿泊と続いています。他の東アジア諸国の傾向と大差はないようです。

台湾人の日本旅行での消費額はどのくらいでしょうか?なんと、5,506億円です。これは中国に続く第2位で、相当な経済効果をもたらしていることが分かります。

参照:国土交通省観光庁資料

台湾人観光客はどこで買い物をしているのでしょうか? 百貨店・空港免税店・スーパー・コンビニも多いのですが、1番多いのがドラッグストアという結果になっています。これは中国人旅行客とも似ています。日本の薬品・ハイブランドではない化粧品・日用品の購入に興味が高いことが分かります。SNSなどを通した日本の商品の情報が非常に多いので、台湾人は「日本通」なのですね。

参照:JNTO訪日データハンドブック

このように台湾旅行客に関するデータを見ると、台湾人旅行客のインバウンド対策が重要であることが分かります。それでは、台湾市場調査の特徴をお伝えします。

台湾市場調査の特徴

近年台湾ではネットショッピングの利用頻度が多くなっています。台湾人は日本の商品をすでに良く知っているので、ネットショッピングで日本の商品を購入することのハードルは高くはありません。

台湾産業情報研究所(MIC)の調査では、台湾人のネットショッピングの利用頻度(2018年)は、平均で月に約2.5回、年間平均購入金額は約93,200円だったと報告されています。さらに、10回の買い物のうちほぼ半数(4.6回)がネットショッピング利用だということで、台湾ではECの利用が生活に浸透していることが分かります。

現在、多くの日本企業が台湾のEC市場への進出を考えています。実際、日本企業が 海外での販売拡大を考えている国は、1位中国(50.8%)、2位台湾(29.3%)、3位米国(28.8%)と報告されています。台湾は中国に続くEC市場となっています。

参照:JETRO海外ビジネス調査2019

台湾向けインバウンド対策には、こういった台湾の最新トレンドも把握しておく必要があります。それでは台湾市場調査の方法についてご説明します。

台湾市場調査の手法

台湾インバウンドをお考えならば、台湾市場調査が必要です。実際、海外リサーチを行う際にどんな方法があるのでしょうか?

1. デスクリサーチ

インターネットを使った市場調査のことです。現地に行かずに手軽に始められますが、ネット上の情報の真偽や、情報が最新のものであるかどうか判断がつかない場合があります。また、本当に知りたい情報が見つからないこともあります。ですから、デスクリサーチだけでは台湾の最新市場調査を行なうのに限界があります。

2. 海外現地調査

実際に海外に行き、現地の人に街頭でアンケートを行う方法もあります。実際に現地に行く必要があること、言語が違うこと、どこに行けば(どのお店にいけば)効果的なのかが全く分からないなど多々問題があります。海外で現地調査を行うことはハードルが高く、個人で行うことは難しいので、専門会社に依頼した方が良いでしょう。

3.専門家へのヒアリング

在日台湾人、台湾在住日本人の専門家へのヒアリングという方法もあります。彼らのリアルな意見を聞くことで、現地の最新情報を把握することができます。ですが、適任の人物を探すことが困難とされています。自分たちでサイトや知人の紹介などで探し出し、コンタクトを取るのは、言語の違いもありますから、個人で行うのはとても難しいでしょう。こちらも専門会社に外注することをお勧めします。

自社で行うより外注したほうが良い理由

1.現地のことを把握しきれない

現地の状況を把握している人脈がいない場合、自分たちだけで未知の外国の詳細な情報を知ろうとしても、手間と時間もかかり、言語も違うので、必要な情報を入手することは不可能でしょう。

2.外国語なので分からない

台湾は中国語(繁体字)です。中国語が分からなければ、台湾市場を把握することは難しいです。社内に中国語に堪能な方がいても、翻訳と調査を行うには相当な時間と手間が必要とされるでしょう。

3. 文化の違い・最新情報は現地の人でないと分からない

同じアジアであっても、台湾は外国であり、文化・習慣の違いはそう簡単に分かるものではありません。リアルタイムの情報も、デスクリサーチだけで完全に把握することはできません。正確に最新の台湾市場の情報を知りたいのなら、現地に精通した専門家に聞くことが求められます。

ですから、総合的に判断しても、台湾市場調査は専門の会社にお願いすることがベストと言えるでしょう。

台湾市場調査の料金相場は?

一般的な市場調査価格の目安は、スタンダードプランで1カ国で約400万円~です。コストを抑えたい場合は、1カ国100万円ほどのライトプランもあります。もっとリーズナブルに行いたい場合は、調査内容を絞ることで1カ国数十万円という会社もあります。クライアントの希望によっても費用は増減しますので、依頼したい会社に詳細をお問い合わせください。

・スタンダードプラン(1カ国400万円から)海外パネルなどを使用した本格的な市場調査、文献調査、インタビュー、パートナー調査、法規制調査などを含む

・ライトプラン(1カ国100万円から)海外パネルなどを使用した市場調査、文献調査、簡易インタビュー、店頭調査、専門家へのヒアリング

・もっとリーズナブルな方法 調査項目を絞る(例:デスクリサーチや簡易インタビューだけにする。現地調査ではなく、訪日外国人を対象に調査するなど)

台湾市場調査の選び方

1.台湾での実績

台湾市場に特化した実績のある調査・リサーチ会社を選ぶことが大切です。各調査・マーケティング会社が保有するリサーチリソースを活用するなど様々な手法で、顧客が知りたい情報を手に入れることができるからです。選ぶポイントとなるのは、台湾現地での調査が可能であること、調査モニターに台湾人がいること、中国語(繁体字)対応が可能であることです。

2.調査・マーケティングレポートの納期

調査・マーケティングレポートの納期を守る、信頼できる会社を選ぶことは重要です。1日でも早く台湾市場に参入することが成功の第一歩だからです。ぜひ信用できる会社にお願いしてください。

3.調査・マーケティング手法

上記でも述べましたが、デスクリサーチ(インターネットで情報を検索)・海外現地調査・専門家へのヒアリングなど、必要な情報を得るための調査・マーケティングを行なっている、信頼できる会社であるかを確かめてから市場調査を依頼するようにして下さい。

オススメの海外調査会社3選

1.VALUES
https://www.valuesccg.com/

インターネット上の行動分析のプロフェッショナル、中国(台湾)市場分析サービスを提供している会社です。

提供しているサービス例

【台湾ネットリサーチ】台湾の最新トレンドや台湾人のニーズを分析
【ソーシャルリスニング分析】SNS上で盛り上がっている口コミ情報・商品情報などを分析
【サンプリング・インタビュー調査】台湾人モニターによる調査

2.Cross Marketing
https://www.cross-m.co.jp/

アジア市場を中心に、クライアントの海外展開のニーズに応じた市場調査を行っている会社です。

提供しているグローバルリサーチ例

市場マクロ調査、法令調査、リストアップ調査、産業構造調査、市場視察、在日外国人プレ調査、市場性重要度調査、競合調査、テストマーケティング、満足度調査など。

3.株式会社アットグローバル
https://www.atglobal.co.jp/

インバウンドに関連した様々なドキュメント(Webサイト、観光ガイド、メディア記事)の翻訳を出がけている会社。約1600人の国内・海外の翻訳者ネットワークを持ち、インバウンドに関するサービスを提供しています。

提供しているサービス内容

【インバウンドに特化した翻訳】旅行会社・交通会社・宿泊施設・テーマパーク・観光庁などのWebサイト・パンフレット・ガイドブックなどの翻訳
【ワンストップでサービス提供】プログラミング・DTP・印刷・Web関連のスキルを持つスタッフがお客様のニーズに合わせたサービスを提供
【ホスピタリティを持ったサポート】クライアントの要望を第一に、高品質・スピーディー・リーズナブルなサービスを提供
【海外リソースをフル活用している】香港・上海、ホーチミンの現地法人、台湾・韓国・マレーシア・タイ・インドネシアの翻訳チームネットワークを活用した高品質な翻訳サービスを提供
【外国語ニーズを総合サポート】多言語のライティング業務、ブログの作成と投稿、Webマーケティング、市場調査、海外向けプロモーション

まとめ

訪日外国人客の中でも特に親日で、個人旅行のリピーターが多い台湾。台湾人は日本のモノ&コトをすでに良く知っています。今後も日本の新トレンドに関する情報を発信&拡散し、多くの台湾の皆さんに訪日してもらいたいものです。台湾人向けインバウンドをお考えでしたら、まずは台湾市場調査を行い、最適な方法を選択することをお勧めします。

インバウンドプロモーション外国語サポートを必要とされる方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!