実例付き!Googleアシスタント翻訳機能の精度や使い方を翻訳者が解説

機械翻訳

Googleアシスタントに待望のリアルタイム翻訳機能が登場しました。

「通訳モード」という翻訳機能です。スマートフォンで簡単に「OK, Google、通訳モード」と話しかけるだけで、その場でお役立ち機能が立ち上がります。ビジネスや観光などスピードが要求されるシーンで、外国人と即座に会話できます。基本的に、話しかけるだけで面倒な操作は必要ありません。Googleアシスタントの翻訳機能の使い方や、スマホでリアルタイムに翻訳する方法について、ここでは日本語を外国語に訳していく機能を例にとって、ご説明していきます。

Googleアシスタントとは?

「OK, Google」と話しかけることで、音声検索など、さまざまなリクエストに応えてくれる機能です。

「明日の天気は?」と話しかければ、即座に明日の天気予報の情報を調べて教えてくれます。「〇〇に行きたい」と話しかければ、目的地までのルートを調べてくれます。「近くのコンビニの場所を教えて」「浅草のおすすめのスポットは?」といった情報も、調べて教えてくれます。スケジュール管理やアラーム設定もしてくれます。手が離せないときや、忙しいときに、とても便利な機能です。Androidスマホであれば、ホームボタンを長押しすることでも起動できます。

ちなみに、iPhoneの場合でも「グーグルアシスタント」アプリをインストールすることで利用可能です。

 

Googleアシスタント翻訳機能とは?

iPhoneおよびAndoroidのGoogleアシスタントに、翻訳機能「通訳モード」が登場しました。簡単に、スマートフォンでリアルタイムに翻訳できるのです。日本語でも話しかけることができます。

実際に、「OK, Google, 通訳モード」と話しかけると、以下のような画面が出てきました。音声(日本語)の指示に従って、言語を選びます。確認ボタンを押します。


 

確認ボタンを押すと、「話しかけてください」という画面の表示が出ました。引き続き「10万円の給付金は、いつから受け取れますか?」と話しかけました。

 

 




画面には、英語に翻訳されたテキストが表示されるほか、音声でもネイティブの発音で読み上げてくれました。翻訳の精度は高く、これなら外国人との会話に問題はないでしょう。

 

「キーボード」ボタンを選択すると、文字入力による翻訳もできます。
発声ができないシーンや場所では「キーボード」が便利でしょう。「感染のピークは、ゴールデンウイークですか?」と日本語で打ち込んでみました。瞬時に、高い精度で翻訳されました。

 

 

あまり長い文章は一度に訳せません。できるだけ文章を簡潔に切って、続けて話しかけましょう。

 

iPhoneやAndroidでリアルタイムに翻訳できる

「OK, Google, 通訳モード」と話しかけるだけで、瞬時にほぼ的確に訳してくれるGoogleアシスタントの「通訳モード」。

観光などはもちろんのこと、スピード感や柔軟性が要求されるビジネスシーンではうれしい機能です。外国語でビジネスをすることは高い緊張感を必要とするものですが、これからはこの機能を用いてリラックスした気持ちで臨めることでしょう。

.
翻訳市場調査などの「外国語サポート」が必要な方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!