ウェブインバウンド動画・中国地方編【2020年版】

インバウンド需要, 外国人向けウェブインバウンド動画

はじめに

新型コロナが収束した後、日本のインバウンド需要はゆっくりと確実に復活してゆくでしょう。今はその時に備え「種まき」、訪日外国人を迎える準備を行う必要があります。その一つの良い方法は、ウェブインバウンド動画を制作&配信することです。観光地をPRした魅力的な映像は、外国人集客に効果があります。ストラテでは全国各地のインバウンド動画をご紹介していきます。今回は中国地方編です。

中国地方を訪問する訪日外国人

観光庁が発表した2019年訪日外国人消費動向調査によると、中国地方の訪日外国人数は次の通りです。

エリアでの順位全国順位府県名訪日外国人数
1位全国15位広島県90.4万人
2位全国26位岡山県30.5万人
3位全国35位山口県17.7万人
4位全国38位鳥取県13.5万人
5位全国45位島根県7.0万人

中国地方で第1位の広島県でも、全国で15位です。中国地方は外国旅行者があまり多く訪れるエリアではないようです。ですが、中国地方は魅力ある観光地です。各県が準備している観光PR動画を見てみましょう。

広島県

こちらは広島県観光連盟が制作したPR動画です。外国人のカップルが、1泊2日で広島を巡るルートを紹介しています。路面電車に乗って広島の街を探索し、神楽・サムライ・琴などの伝統芸能に触れ、日本のナイトライフ居酒屋を体験し、縮景園で美しい日本庭園を楽しむという内容です。外国人が見てすぐ分かる、広島の見所が紹介された良い観光PR動画です。

日本政府観光局(JNTO)が制作したビデオです。広島の古くから残された建造物と、日本の伝統文化にフォーカスしています。特に宮島の美しさは見ものです。短くまとめられた動画なのですが、フォトジェニックな映像で、広島の美しさが際立っています。外国人の興味を引く観光PR動画です。

岡山県

瀬戸内市が制作した公式チャンネルです。長船(おさふね)の日本刀を紹介しています。日本刀に興味があり、日本刀の製作の技術を見たいと思う外国人もいることでしょう。日本に古来から伝わる伝統技術を紹介してゆくことも、インバウンドの重要な要素ですね。

日本政府観光局(JNTO)が制作した観光PRビデオです。とても短い動画なのですが、岡山・倉敷の魅力をダイレクトに伝えています。倉敷の川舟流し、日本庭園、岡山城、果物をふんだんに使用したスイーツ、人力車で味わう江戸風情の残る倉敷の街並みなど、外国人が求める日本の美を映し出している、良く編集されている観光PR動画です。

山口県

山口県が制作した観光PRビデオです。たった3分間の動画なのですが、山口のビュースポットが盛り込まれています。山口の歴史、自然、伝統、食を紹介している、外国人に分かりやすい、山口の魅力がつまったPR動画です。

宇部市が制作したPR動画ですが、観光動画としては珍しく「工業」をアピールしています。JAXA、山口大学、様々な工場などを紹介し、工業都市としての宇部市の発展をPRしています。工業だけでなく、緑茶作り、日本酒作り、楽器作りをしている様子なども紹介しています。外国の企業などは、日本のこのような工場や作業場の様子を見るのは興味深いかもしれません。日本の風景・文化だけではなく、こういった日本の「モノづくり」の強さをPRしてゆくのも良いですね。

鳥取県

鳥取県が制作したPRビデオです。鳥取の雪、海、温泉、海鮮、地元の特産などを、シンガポールのアーティストがスタイリッシュな動画に仕上げています。鳥取のイメージ映像としてはとても良い作品です。

山陰インバウンド機構(鳥取県・島根県)が制作した観光PR動画です。前回のストラテの記事で紹介した動画「San’in, Japan 4K 」の後にアップロードされた作品です。今も残る古き良き日本と、そこに暮らす地元の人とのふれあいなど、地域密着型の旅行を提案しています。山陰地方は、今でも貴重な日本の伝統文化が継承されています。これらは訪日外国人を集客する、素晴らしい観光資源と言えます。

島根県

島根県雲南市が制作したビデオです。「たたら」や「ヤマタノオロチ伝説」などをフィーチャーしています。今でも残されている歴史と伝統、雄大な自然。古来からの独特な日本の伝統文化は、とても貴重です。こういった文化的財産を、外国の人たちにぜひ知ってもらいたいですね。

出雲市が制作したビデオです。株式会社西日本新聞メディアラボが受注して制作しました。とても美しい映像で、出雲の自然、伝統、工芸、温泉など、出雲の魅力が満載されています。すでに1274万回も再生されており、絶賛されています。日本人のコメントで、「外国人観光客に、日本=東京ではないことを分かってもらいたい」、「島根頑張ってほしい」、「出雲最高」という声が見られます。外国人のコメントでも、「I love Japan」、「Japan…The best place」、中国系の人たちは「素晴らしい景色だ」「この動画を見たら行ってみたくなった」という感想が寄せられています。出雲の美しい風景と伝統は、世界中の人々の心をつかんでいます。素晴らしいことですね。

まとめ

中国地方は、日本の中ではそれほど外国人が訪れていないエリアです。ですが、中国地方には貴重な「昔のままの日本」がたくさん残っています。これらは、決して大都市で味わうことの出来ないものです。外国人旅行者が求めている日本の美しい風景や伝統、これらの観光資源を持つ中国地方、今後のアピールによって外国人集客数を増やすことができるでしょう。

外国人集客アップのために出来ることは、観光PR動画の制作と配信、施設や飲食店の多言語表記、ホームページの多言語対応、キャッシュレス決済の導入、Wi-Fiの整備拡大などです。地道な努力をし続けることが必要となります。

株式会社アットグローバルは、皆様のインバウンド対策のお手伝いをしています。各種案内の「多言語化対応」はぜひお任せ下さい。

.
翻訳市場調査などの「外国語サポート」が必要な方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!