アメリカ市場調査に強い会社は?|料金相場・調査方法・選び方を徹底解説

市場調査

欧米圏からの訪日旅行客で一番多いのは、アメリカです。

アメリカ人が日本旅行に求めるニーズとは?アジア圏の旅行者との違いは?インバウンド成功のためには、アメリカ向け市場調査が必要とされています。ここでは、アメリカ市場調査に関するお役立ち情報をお伝えします。

アメリカインバウンド市場

訪日アメリカ人旅行客数(2019年度)は1,723,900 人で、過去最高記録を達成しました。大勢のアメリカ人旅行者が日本を訪れています。

日アメリカ人旅行客数は、欧米圏では第1位という結果が出ています。

参照:JNTO日本政府観光局資料

アメリカ人旅行者数が過去最高に達した要因は、クルーズ需要の増加メディアを通した情報発信富裕層の地方誘致アクティビティ(スキーやトレッキングなど)の情報発信&プロモーションを積極的に行ったことであると考えられています。

ここ数年の訪日アメリカ人旅行客数は、順調に増加しています。

現在、アメリカ人旅行客の約8割が、観光目的で日本を訪れています。

日本旅行が「1回目」の人たちが約60%、「リピーター」は約40%という割合です。まだ、初めて日本旅行に来る人たちの方が多いようです。

訪日アメリカ人旅行客(約7割)の滞在日数は、1週間~3週間と少し長めの傾向が見られます。これは、日本からの距離が遠いことが関係しているのでしょう。

アメリカ人旅行客の消費額は、3,247億円です。これは、欧米圏の中で第1位です。

参照:観光庁資料

アメリカ人旅行客の一人当たりの支出額は、約19万円です。支出は、「宿泊費」「飲食費」の割合が高く、「買物代」が少ないようです。この傾向は、「買物代」が多いアジア圏からの旅行者と明らかに異なっています。

アメリカ人旅行者は、どこで買い物をしているのでしょうか? 1番多く利用されているのは、「コンビニエンスストア」です。また、「観光地のお土産店」での購入傾向も高いようです。逆に、「ドラッグストア」の利用は低くなっています。この点でも、アジア圏からの旅行者とのニーズの違いが明確ですね。

アメリカ人旅行客は、「日本の文化」を楽しんだり、「日本文化を感じるモノ」の購入を好んでいます。この点でも、「Made in Japan」商品の購入を楽しむアジア圏からの旅行者とニーズが異なっています。

アメリカ人旅行客は、日本旅行に満足しているのでしょうか? 下記の表を見ると、ほとんどの人たちが「大変満足している」と回答しています。これは、嬉しいことです。

では、「また日本旅行に来たい」と感じているのでしょうか? ほとんどの人々が「また来たい」と回答しています。ぜひ、リピーターになっていただきたいものです。

参照:JNTO訪日旅行データハンドブック2019

上記のデータからも、アメリカ人旅行客は日本旅行に満足していることが分かりました。日本文化に触れること、日本文化を感じるモノに関心を持っていて、そこにお金を使うことも分かりました。日本から遠いので、滞在日数が長いという傾向もあります。

では、アメリカ人のニーズに合ったインバウンドを成功させるために、何をしたら良いのでしょう? まず、アメリカ市場調査を行うことから始めましょう。次に、アメリカ市場調査の特徴、手法をご説明します。

アメリカ市場調査の特徴

アメリカはインターネット社会です。約95%(約3億人)の人々がインターネットを利用しています。ソーシャルメディアの利用者は約70%、SNSの利用者は約80%で、とても高い普及率であることが分かります。コミュニケーションツールとして最も利用されているのは、Facebookです。Instagramの人気も高く、写真や動画を多くの人々がシェアしています。Twitterの利用者も多く、さまざなユーザー(フォローしていないユーザーも)の投稿をタイムラインで見ています。Twitterは他のSNSに比べて、情報の拡散力を持っています。

アメリカ人向けインバウンドで一番効果的な方法は、SNSによる宣伝と情報拡散です。

アメリカ市場調査の手法

1. デスクリサーチ

デスクリサーチとは、インターネットを使った市場調査のことです。現地に行かずに手軽に始められる利点がありますが、ネット上の情報の真偽、最新の情報なのか判断がつかないといったケースが多く生じます。また、情報はたくさんあっても、肝心な(本当に知りたい)情報が見つからないこともあります。デスクリサーチで、ある程度の市場調査情報は得られますが、デスクリサーチだけでの情報では、限界があります。

2. 海外現地調査

海外現地調査とは、実際に海外に行き、現地の人に街頭でアンケートを行う方法です。この方法は、実際に現地に行く必要があり、外国語で対応しなければなりません。未知の土地ですと、どこに行けば情報が得られるのか、効果的な方法が全く分からないなどの問題点があります。個人で海外現地調査を行うことは、非常にハードルが高く、難しいことですので、専門会社に依頼した方が良いでしょう。

3. 専門家へのヒアリング

在日アメリカ人、アメリカ在住日本人の専門家へのヒアリングという方法もあります。この方法では、現地のリアルな情報を知ることが可能です。現地に住んでいる人たちから、より詳しくい最新情報を得ることができます。ですが、適任の人物を探すのが困難という問題があります。自分で適任の人物(専門家)を探し、コンタクトを取るのは難しいでしょう。外国語(現地の言語)でのコミュニケーション能力も問われます。ですので、こちらの方法も、専門会社に依頼することをお勧めします。

自社で行うより外注したほうが良い理由

1. 現地のことを把握しきれない

現地の状況を把握している「人脈」がない場合、自分たちだけで、外国の詳細情報を正確に把握するのは不可能です。言語が違いますので、調査能力に限界があり、本当に必要な情報を入手することは出来ないでしょう。

2. 外国語なので分からない

ある程度英語が話せるとしても、ネイティブレベルでなければ、真のアメリカ市場を把握することは難しいといえます。仮に、英語が堪能なスタッフがいたとしても、市場調査と翻訳作業を個人で行うことには、相当な時間と手間が必要とされます。

3. 文化の違い・最新の情報は現地の人でないと分からない

日本はアメリカの文化の影響を受けてはいますが、アメリカの文化や習慣の違いを本当に把握するためには、現地にいる人でないと分かりません。リアルタイムの情報も、デスクリサーチだけで完全に把握することはできません。正確に最新のアメリカ市場の情報を知るには、現地に精通した専門家に依頼するのが良いでしょう。

これらの点を総合的に判断すると、アメリカ市場調査は、専門の会社にお願いすることがベストと言えます。

アメリカ市場調査の料金相場は?

一般的な市場調査価格の目安は、スタンダードプランで1カ国で約400万円~です。コストを抑えたい場合は、1カ国100万円ほどのライトプランもあります。もっとリーズナブルに行いたい場合は、調査内容を絞ることで1カ国数十万円という会社もあります。クライアントの希望によっても費用は増減しますので、依頼したい会社に詳細をお問い合わせください。

・スタンダードプラン(1カ国400万円から)海外パネルなどを使用した本格的な市場調査、文献調査、インタビュー、パートナー調査、法規制調査などを含む
・ライトプラン(1カ国100万円から)海外パネルなどを使用した市場調査、文献調査、簡易インタビュー、店頭調査、専門家へのヒアリング
・リーズナブルなプラン 調査項目を絞った調査(例:デスクリサーチや簡易インタビューだけにする。現地調査ではなく、訪日外国人を対象に調査するなどの方法)

アメリカ市場調査の選び方

1. アメリカでの実績

アメリカ市場に特化した、実績のあるリサーチ会社を選ぶことが重要です。各調査・マーケティング会社が保有するリサーチリソースを活用するなど、様々な手法を使って、顧客が知りたい情報を取得することが可能だからです。会社を選ぶポイントは、アメリカ現地での調査が可能であること、調査モニターにアメリカ人がいること、英語対応が可能であることです。

2. 調査・マーケティングレポートの納期

調査・マーケティングレポートの納期を守る、信頼できる会社を選ぶこと重要です。納期を守らない会社は、信用できません。1日でも早くアメリカ市場に参入するためにも、納期をしっかりと守る、信頼できるリサーチ会社に依頼しましょう。

3. 調査・マーケティング手法

上記でも述べましたが、デスクリサーチ(インターネットで情報を検索)・海外現地調査・専門家へのヒアリングなど、必要な情報を得るための調査・マーケティングが可能かどうか、どのような手法で市場調査を行うのか、よく確認して、納得のゆく会社に依頼してください。

オススメの海外調査会社

株式会社アットグローバル

インバウンドに関連した様々なドキュメント(Webサイト、観光ガイド、メディア記事)の翻訳を出がけている会社。1700名の在籍翻訳者がおり、40か国語以上の翻訳に対応しています。海外ネットワークを生かして、海外市場調査、デジタルマーケティングを行っています。

【提供しているサービス】
*インバウンド翻訳 旅行会社・交通会社・宿泊施設・テーマパーク・観光庁など、インバウンド関連翻訳。Webサイト・パンフレット・ガイドブックなどの翻訳を行っています。
*ワンストップサービス プログラミング・DTP・印刷まで、ワンストップで作業を行えます。
*海外リソースのフル活用 中国(香港・上海)、ベトナム(ホーチミン)に現地法人、台湾・韓国・マレーシア・タイ・インドネシアに翻訳チームを持っています。海外現地スタッフのネットワークを活用したサービスを提供します。
*外国語ニーズ総合サポート 多言語ライティング業務・ブログ作成&投稿、Webマーケティング、市場調査、海外向けプロモーションを行っています。
*ホスピタリティサポート クライアントの要望を優先し、スピーディー・高品質・リーズナブルなサービスを提供します。

まとめ

欧米圏で一番多く訪日しているのは、アメリカ人であることが分かりました。アメリカは日本と関わりの深い国ですから、今後も大勢の旅行者が訪れるでしょう。アメリカ人旅行者の求めるニーズをよく理解し、より効果的なPRを行ってゆきましょう。

インバウンドの成功のためには、まずアメリカ市場調査を行うことが求められます。こちらで取り上げた情報を参考に、最適なリサーチ会社に依頼するようにして下さい。

株式会社アットグローバルは、海外市場調査、デジタルマーケティングを行っています。ご利用の際は、ぜひお気軽にご連絡下さい。

インバウンドプロモーション外国語サポートを必要とされる方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!