bing翻訳の精度や使い方を翻訳者が解説

bing,機械翻訳

マイクロソフト社が無料で提供しているbing翻訳(一般向け)の精度や、おすすめの使い方はどんなものなのでしょうか。

bing翻訳は、現在、60以上の言語に対応していて、スマートフォンでのアプリ機能も充実していますから、気になるところです。Webサイトをページまるごと翻訳してくれるなど、Google翻訳並みの機能がそろっています。中国繁体字・簡体字にも対応しています。日本のユーザーにとっては、「です」「ます」調に翻訳してくれて、日本語に定着した俗語も認識してくれるのはうれしいサービスです。

bing翻訳の精度と、日本のユーザーにとって、どんな使い勝手があるのか、調べてみました。

翻訳からマーケティングまでワンストップでまるごとお任せ

bing翻訳とは? 

bing 翻訳は、マイクロソフト社が提供する無料の翻訳エンジンで、Microsoft Translatorという同社のクラウドサービスが基になっています。2020年3月29日現在、69の言語に対応しています。

中国簡体字、繁体字にも対応しています。このように、「イケてる」をIt’s cool. と的確に訳してくれるなど、日本語に定着した俗語も訳せるのもうれしい特長です。以下、ブラウザ版のおすすめ機能を説明します。マイクを使って、音声入力で翻訳することもできます

テキスト入力だけでなく、Webサイトのページも、まるごと翻訳してくれます。左側のボックスに翻訳したいページのURLを入力すると、右側のテキストボックスにもリンクが表示されます。この、右側のリンクをクリックすると、ページがまるごと、指定した言語に翻訳されて表示されます。

bing翻訳の精度 

bing翻訳は、外国語をこなれた感じで丁寧な日本語に訳すときに優れた翻訳エンジンです。手前味噌になりますが、記者が、アメリカ・ニューヨークのオンラインアートマガジンART 511に英文で寄稿した記事を、bing翻訳を使って日本語に訳してみましょう。

COVID-19で、すべてのビジネスが停止となったイタリアのギャラリー経営者が、ギャラリーの一般公開中止に追い込まれたが、インスタグラムを使って展示会を開催するなどの企業努力をし、経済危機を「機会」に変えている、という内容です。これが英語のWebサイトを、Webサイト翻訳機能を使って、日本語にしていきましょう。

惜しい! 1か所だけ、誤訳がありました。Officially closed(一般公開中止) を「正式に公開」と誤訳した以外は、ほぼわたしが書いた意味の通りに訳してくれました。日本語の文章もこなれています。スムーズな「です」「ます」調、日本語独特の丁寧表現も反映されていて、筆者であるわたしも「機械翻訳でこれだけの精度ならまずまず納得できる」と思える精度となっています。

bing翻訳の使い方 

コピー

bing翻訳をした文章は、コピーをすることができます。

以下、スマホアプリのおすすめ機能です。まず、PlayストアなどでMicrosoft 翻訳を検索し、インストールします。

カメラ翻訳

訳したいテキストをリアルタイムに撮影すると、瞬時に自動翻訳してくれる機能です。リアルタイムだけでなく、端末に保存されている画像を選択して翻訳することもできます。また、対象の言語パックをダウンロード済みであれば、カメラ翻訳機能もオフライン状態で使用することができます。

では、日本語の本のタイトルを英語に訳してもらいましょう。

カメラのマークのところを押し、撮影すると、瞬時に英語に変わりました。アートの世界で「立体」といえば、それは sculpture なのですが、違う単語が出てきました。日本語から英語の翻訳機能は、それほど高くないようですね。

音声入力翻訳

音声入力による翻訳機能もあります。「イケてる」と日本語で話しかけたら、適切に訳されました。

リアルタイム会話翻訳

多人数での会話にも対応する、リアルタイムの会話翻訳機能もあります。

オフラインでも利用可能

あらかじめ、オフライン状態で翻訳したい言語の言語パックをダウンロードしておけば、海外出張などの際に、オフラインの状態でも翻訳機能が使えます。Wi-Fiが繋がりにくい場所や、通品費用を節約するときに便利です。

bing翻訳は英文和訳におすすめ 

中国簡体字・繁体字に対応しているので、中国と取引が多い日本企業にはうれしい翻訳エンジンです。さらに、日本語独特の丁寧表現、俗語表現が得意なbing翻訳は、日本のユーザーにとって、使い勝手のよい無料翻訳サイトといえます。特に、英文和訳がおすすめです。Webサイト翻訳でも、こなれた日本語表現に訳してくれますから、気になる外国語のサイトを日本語ですっと読めますし、日々舞い込んでくる外国語のメールを翻訳して自分なりに大意を理解するのにも適しているといえます。最近のビジネスシーンで日常の動作となった、英文を迅速に読んで理解する、という社内作業にとても適しています。また、オフラインでの翻訳機能も充実していますから、海外出張でも活躍することでしょう。

翻訳市場調査などの「外国語サポート」が必要な方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!