アットグローバルについて

アットグローバルについて

会社概要

@global
会社名 株式会社アットグローバル(日本アットグローバル)
代表者 取締役 小田島耕治(おだじま こうじ)
取締役 後藤裕一(ごとう ひろいち)
住所 〒107-0061 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー11階
TEL +81-(0)3-5778-7617
FAX +81-(0)3-6802-1891
設立 2002年2月4日
資本金 1,000万円

海外拠点・関連会社

@global
Image
上海アットグローバル
Global Engineering Company
  • 上海
  • ベトナム
会社名 谷络宝翻译服务(上海)有限公司
代表者 総経理 小田島耕治
住所 〒200042 上海市静安区万春街4号101室
TEL +86-(0)21-5299-6050
FAX +86-(0)21-5299-6050
設立 2013年4月15日
資本金 20万元
会社名 Global Engineering Company(GEC Co., Ltd.)
代表者 小田島 耕治(代表取締役社長)
柿宇土 正博(取締役副社長)
住所 1 Floor, Song Da Tower, 14B Ky Dong Street,
Ward 9, District 3, Hochiminh City
TEL +84-8-3526-0058
FAX +84-8-3526-0059
設立 2015年10月1日
資本金 5万USD

沿革

グローバルコミュニケーションズを設立。SOHOの翻訳チームとして、ITマニュアル、経済・金融関連資料、ホームページなどの英日・日英翻訳を開始。

1999年

有限会社アットグローバルを新宿区四谷で設立。

2002年

韓国語・中国語セクションを設立し、英語・韓国語・中国語の翻訳に特化した翻訳会社として業務を開始する。

韓国・中国国内での翻訳チームの構築開始。

 

韓国のソウルに駐在員事務所を設立。

2003年

リサーチ業務を開始。

英語・韓国語・中国語でのTradosを使用したローカライズチームを構築。

2004年

中国 青島の翻訳会社とパートナーシップを締結。翻訳チームの現地化の促進。

2006年

株式会社アットグローバルを設立。

2007年

本社を台東区浅草に移転。

2008年

4月 上海にアットグローバル上海を設立。中国現地での営業・翻訳チーム管理体制を強化。

2013年

10月 LIMA(一般社団法人 日本ライセンシングビジネス協会)に入会し、「ライセンシングビジネス」のサポートを開始。

12月 香港のコンサルティング会社 Wingate Business、クラフトインターナショナルとパートナーシップを締結。香港、中国華南地域(広州、深圳、マカオなど)での海外ビジネスサポートの強化。

12月 香港にアットグローバル香港を設立。香港繁体字翻訳の強化、香港におけるビジネスサポート業務の強化。

10月 ベトナムホーチミンに Global Engineering Company (GEC Co., Ltd.)を設立。東南アジア言語の翻訳管理、ベトナムにおけるビジネスサポートの強化。

2015年

9月 日本の魅力をベトナム人に紹介するWebサイト「WAppuri(ワップリ)」の公開開始

2017年

10月 インバウンド・アウトバウンドのサービス担当者に役立つ情報を提供するWebサイト「AtMedia+」の公開開始

2018年

1月 日本本社の事務所を表参道に移転

1月 デジタルプロモーションサービスの提供開始

2019年

2月 弊社公式Webサイトをリニューアル

社長メッセージ

@global
2002年の創業以来、株式会社アットグローバルは、専門的な翻訳サービスを提供する会社として、数多くのお客様にサービスを提供してまいりました。そういうわけで、わたしたちは自社のことを「翻訳会社のアットグローバルです」とこれまで紹介してまいりました。ところが、あるときふと考えたのです。翻訳を発注してくださるお客様の「目的」は何なのだろう?と。それはやはり、翻訳されたドキュメントを使用して、自社サービスや製品の海外向けの「プロモーション」を推進することです。アットグローバルは「翻訳サービス」を通じて、外国人を対象としたお客様の「プロモーション」や「マーケティング」のお手伝いをしてきたのだという考えに、改めて立ち返ったわけです。
 
それで、2017年からオウンドメディアの運用サポートを提供し始め、SEOやSNSを活用したデジタルマーケティングのノウハウを蓄積してまいりました。今年、2019年からわたしたちは、「デジタルマーケティングサポートのプロフェッショナル アットグローバル」としてサービスを提供してまいります。具体的には、翻訳、デジタルマーケティング(Webサイト改善、SNSブランディング、オウンドメディア運用)、市場調査、テープ起こしの4つのサービスを提供してまいります。
 
わたしは「デジタルマーケティング業界」とは「交差点」のような場所ではないかと常々考えてきました。さまざまな人々がひっきりなしに行き交うスクランブル交差点のように、多種多様な言語、分野、文化のお仕事が「デジタルマーケティング業界」を通り過ぎていきます。わたしたちはこの「交差点」に立ち続け、そこを行き交うお客様が何の心配もなく安心して業務に邁進できるようにサポートする、信頼に足るガイドでありたいと願っております。具体的には、以下の「ミッション」「ビジョン」「バリュー」を常に念頭に置き、お客様のビジネス目標達成のために努力します。

MISSION

世界と日本、都市と地方、企業と生活者をつなげ、世の中をもっとなめらかに

VISION

お客様のことをもっともよく知る企業に
お客様のニーズにきめ細かく応える企業に
お客様の事業目標実現を本当に支える企業に

VALUES

プロフェッショナリズム
  • 対価をいただいて業務に従事する以上、わたしたちは「アマチュア」ではなく「プロフェッショナル」でなければならない。
  • ゆだねられた業務に対する「感謝の気持ち」と「責任感」を心に抱き、「最善の品質」を提供するという「高い意識」と「強い意志」を持って業務に携わらなければならない。
  • わたしたちは「スキルのないところに仕事がない」ことを理解している。求められる言語力を磨き続け、依頼される業務に関する十分な専門知識の習得に努力し、お客様が期待する以上のサービスを提供するという「与える精神」を発揮し続けるという点で「プロフェッショナル」でなければならない
ホスピタリティ
  • 「ホスピタリティ」とは「手厚く温かいもてなし」のこと。わたしたちは、まるでお客様の開発チーム、制作チームの一員であるかのような当事者意識を持ち、お客様のビジネスの成功を共に願い共に喜び、その気持ちの発露としてサービスを提供してゆく。
  • ゆだねられた業務を心から「楽しむ気持ち」を持って取り組む。過剰なサービスは慎みながらも、単に言われたことをその通り行うことでは決して満足しない。「快く与える」精神を発揮し、お客様のサプライズにあふれた笑顔を見ることを喜びとする。
  • お客様のビジネスの信頼できる「コーチ」役となることを目指す。「コーチ」という言葉の語源は「馬車」を意味する。行き先を決めるのはお客様だが、その目的地に最短距離で安全かつ快適にお客様をお届けするのが「馬車」の役割。お客様にとって信頼に値する「馬車」であることを喜びとする。