株式会社アットグローバルのデジタルマーケティングサービス(後編)

2021年2月下旬を目途に新型コロナウィルスのワクチン接種が開始されることとなり、ようやくこの未曽有の事態に明るい兆しが見えつつある今、アフターコロナに向けた動きが活発化し始めています。将来を正確に見通すことができない以上、マーケティングなどを含めた戦略的な準備を整えなければなりません。

そこで今日は、この「ストラテ」を運営する株式会社アットグローバルが提供する、様々なデジタルマーケティングサービスを紹介していきます。そのうち、多言語Webサイト制作、多言語SNS運用サービス、多言語広告サービス、中国向けデジタルマーケティングについては前編で紹介いたしました。

後編となる今回は、アットグローバルの強みであるベトナム向けのマーケティングサービスにフォーカスしつつ、基本となるいくつかのサービスをご紹介します。

ベトナム向けマーケティング

1億人近い人口を誇り、年間のGDP成長率が7%という急速な経済発展を続けるアジア有数のマーケット、ベトナム。近年は訪日ベトナム人が増えてきたこともあって、日本国内でも徐々に注目され始めています。そんな中、株式会社アットグローバルはいち早くベトナムの可能性に着目し、マーケティングに注力してきました。2015年にはホーチミンに現地法人「Global Engineering Company(GEC)」を設立し、現地の「生の声」を強みとしたマーケティングやブランディングを展開しています。

株式会社アットグローバルにおけるベトナム向けマーケティングの特徴は、「Zalo」の活用に力を入れているというところ。聞き馴染みがないかもしれませんが、Zaloはベトナムで大きなシェアを獲得しているショートメッセージサービスで、Facebook、YouTubeの次に利用されているSNSです。日本で言うところのLINEに近い地位を獲得しています。

Zaloをいかにうまく活用できるかどうかが、現地でのマーケディングやブランディングを成功させる上での鍵となっています。そこで、株式会社アットグローバルではZaloに注力し、クライアント様のアカウント取得、運用、広告出稿などのサポートを行っています。詳しいサービス内容については、こちらのページをご覧ください。

インバウンドコンサルティングサービス

日本は謙遜の文化です。他人から自分の住んでいる国や地域について聞かれたとき、「全然大したことないよ」なんて言ったりする人も少なくないのではないでしょうか。謙遜の文化だからこそ、日本人は自分たちの良さを外国に向けて発信することが苦手な傾向にあります。そのため、プロによる客観的な目線でのコンサルティングが大きな効果を発揮します。

株式会社アットグローバルでは、外国語の翻訳事業等を通じて得た諸外国への深い知見を武器に、実用的なインバウンドコンサルティングサービスを展開しています。SNSなどを活用したデジタルマーケティングはもちろん、「災害や事故が起きた時にどうすればいいか」「習慣や文化、宗教の違いへの対応方法」などの細かいサポートも行っております。

一部のコンサルティングは無償提供されていますので、気になる方は気軽にご相談ください。サービスの詳細はこちらからどうぞ。

海外リサーチサービス

海外リサーチを怠ると様々な問題が発生します。サービスや製品を適切にプロモーションできないだけでなく、現地の法律に抵触して罰金や制裁金などを科せられる可能性もあるでしょう。ですから、自社のサービスや製品を海外に展開する際には、事前の海外リサーチが必要不可欠です。

とはいえ、自社単体でのリサーチは非常に難しいのが現状です。掛けたコストやリソースの割に、想定した成果が得られないケースも珍しくはありません。海外リサーチを成功させるためには、しっかりとした専門業者に依頼するのが最適なのです。

株式会社アットグローバルの強みは「翻訳」です。世界の40以上の言語の翻訳に対応し、1,700人ほどの世界中の翻訳者と契約を結んでいます。これらの優秀な翻訳者を調査員としてトレーニングし、現地でのリサーチを行うことで、正確かつ効率的な成果を出すことができます。特に、間違えることが許されない「法規制調査(リーガル調査)」においては、アットグローバルならではの高い翻訳能力が生かされています。

誤訳や誤解で法的ダメージを受けるようなことにならないためにも、海外リサーチを検討している方はアットグローバルにご相談ください。サービスの詳細についてはこちらからどうぞ。

ベトナム進出サポート

株式会社アットグローバルでは、日本の会社がベトナムに進出して現地法人を設立したり、店舗・工場などを構えたりする際のサポートも行っています。前述したように、ベトナムに現地法人を構えているアットグローバルならではのきめ細かいサポートが特徴です。

ベトナムで拠点を作る場合には次の4つから選択ができます。

  1. 現地法人
  2. 支店
  3. 駐在員事務所
  4. Global Employment Outsourcing (GEO)*

*GEOについては現在サービス提供準備中

それぞれの事業形態ごとにメリットとデメリットがあります。詳細についてはこちらからどうぞ。

また、ECモールの出店・販売サポートも行っていますので、まずはECから進出を考えているという方もまずはご相談ください。

まとめ

今回は、株式会社アットグローバルのデジタルマーケティングサービスについてご紹介しました。それに付随して、海外でのリサーチサービスや現地への進出サポートサービスについても言及しました。

近年、ベトナムを始めとした東南アジア諸国の経済発展が著しいことから、現地への投資や進出を行う企業が増えつつあります。しかし、日本や欧米諸国とは、政治体制や思想、法律などが大きく異なっているため、生半可な知識では進出が難しいのが現状です。

海外向けのデジタルマーケティングを検討している場合は、ぜひアットグローバルをご利用ください。

翻訳市場調査などの「外国語サポート」が必要な方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!