翻訳会社に行政文書の翻訳を依頼する際に覚えておきたい4つのこと

翻訳,翻訳会社選びで失敗しないためのHint&Tips

行政文書とは?

行政文書とは、自治体や各種団体から依頼される行政に関する資料全般のことです。

行政文書の翻訳には、各種申請書類(ビザ申請、戸籍謄本など)、生活ガイドブック(防災・設備・ゴミ出しなど)、各種お知らせ(イベントなど)、観光案内パンフレット、Webサイトなどの翻訳が含まれます。

世界各国からの旅行者、留学生、技能研修生、労働者の増加に伴って、行政関連文書の翻訳がますます必要とされています。今後、翻訳の多言語化が進んでいくことは間違いないでしょう。翻訳の対応言語が多く、国際的ネットワークを持つ翻訳会社が求められています。

行政文書の翻訳の特徴

行政文書の翻訳は、外国人にとって分かりやすい文章、自然な表現にする必要があります。

対象となる読者や資料の用途に応じて、表現のニュアンスを調整することも求められます。翻訳する言語も、世界の主要言語だけでなく、ローカル言語の需要にも対応していかなければなりません。

国際化が進む今、多言語対応は必須です。行政文書の中には、法律が関係するなど、その分野の専門知識を持つ担当者でないと対応できないものもあります。行政文書の翻訳は急ぎの案件も多いので、スピード対応が可能な翻訳会社に依頼することも大切です。

翻訳からマーケティングまでワンストップサービス。株式会社アットグローバル

行政文書の翻訳を依頼する際に覚えておきたい4つのこと

1.専門分野の翻訳者が対応するか?

行政文書には、公文書や申請書類などのさまざまな公的文書があり、法律の知識が求められるものがあります。

ですから、この分野の専門知識を持ち、経験と実績を持つ翻訳会社(翻訳者)に依頼することが重要です。また、外国人が自然で分かりやすい文章に翻訳できるスキルとセンスを持つ、専門の翻訳者が担当するかどうかを確認することも大切です。

2.正確さが重要。チェック体制は?

どの分野の翻訳も正確であることは必須条件ですが、行政文書の翻訳にも特に正確さが求められます。

例えば、公文書・申請書などの公的書類に誤訳や不備があっては、全く使い物になりません。各種案内やガイドブックに誤訳があると、外国人は意味が分からず困惑させてしまうでしょう。

ですから、細心の注意を払った翻訳作業と、誤訳やケアレスミスを防ぐためのチェック体制が整っている、正確さを重視した翻訳会社に依頼するようにしてください。

3.リーガルチェックには対応してくれるか?

行政文書の翻訳では、法律の専門家によるリーガルチェックを行う必要な場合が少なくありません。申請書類や契約書などの重要な公的文書の翻訳では、法律分野に詳しい専門家による判断が求められます。

もしこのような分野の翻訳依頼をお考えでしたら、高い調査能力と国際的ネットワークを持ち、当該国の法律に詳しい専門家によるリーガルチェックが可能な翻訳会社を選ぶことをお勧めします。

4.翻訳証明書は発行してくれるか?

行政文書(例えば、戸籍謄本や申請書などの書類)を翻訳した際に、作業を行った翻訳会社は「翻訳証明書」を発行します。この証明書は、”私たち翻訳会社が責任を持って翻訳しました” という意味を持つものです。

つまり、法的文書の翻訳の品質を保証するものです。この証明書を発行できる翻訳会社は、責任を持って正確な翻訳作業を行うことができる翻訳会社と言えます。行政文書翻訳の依頼をお考えなら、信頼できる翻訳会社にお願いするようにしましょう。

まとめ

行政文書の翻訳は、各種案内から申請書に至るまでさまざまな種類があります。ある文書は、外国人に分かりやすい表現にしなければなりません。またある文書は、法律に詳しい専門家が担当しなければなりません。行政文書翻訳を得意とし、この専門分野での経験と実績を持つ、信頼できる翻訳会社に依頼するようにして下さい。

株式会社アットグローバルは、行政文書の翻訳を行っており、国際ネットワークを生かした多言語翻訳を得意としています。ご利用の際には、お気軽にご相談下さい。

.
翻訳市場調査などの「外国語サポート」が必要な方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!